閉じる
理想の肌をつくるエイジングケアの基本 Beauty AtoZ 公開中! 理想の肌をつくるエイジングケアの基本 Beauty AtoZ 公開中! 理想の肌をつくるエイジングケアの基本 Beauty AtoZ 公開中! 理想の肌をつくるエイジングケアの基本 Beauty AtoZ 公開中!
Beauty AtoZ ueda clinic

化粧水

化粧水の意味と基本

化粧水=保湿が目的と思われがちですが、実はそれは間違った認識です。化粧水がそのまま肌の水分になるわけではないので、たっぷりつけても意味はないのです。逆に、余分な化粧水の水分が蒸発する際に肌の水分も奪ってしまうので、肌内部の水分量を低下させてしまうことも。なぜなら、化粧水の大半は水。水の中に保湿成分を高濃度に配合することは難しいとされています。

では、化粧水の役割は何なのか?化粧水の一番の役割は、癒しなどの精神の安定効果です。もちろんそれも大切なことですが、化粧水はスキンケアにとって不可欠なアイテムではないのです。

どんな化粧水を選べばいい?

精神の安定効果という意味で考えれば、使用感の好みで選んでいいと思います。ただ、少しでも効果を得たいという場合は、自分に必要な美肌効果をうたった化粧水を選びましょう。おすすめは、肌トラブルにオールマイティーに対応してくれるビタミンC誘導体入り化粧水です。ビタミンC誘導体は水に溶けやすく、基礎化粧品の中では化粧水と相性が成分です。そのほか、抗酸化成分が含まれたもの、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分が含まれたものもおすすめです。

「コットン」と「手」、
どちらが正解?

普段のスキンケアではコットンを使う必要はないでしょう。濡れたコットンは空気が抜けて硬くなり、知らず知らずのうちに肌を傷つけてしまうという側面を持ち合わせています。繊維の刺激によって角層に傷がつくと、そこから肌のうるおい成分が流れ出し、外部刺激に過敏になったり乾燥に拍車がかかることになってしまいます。手の場合は、肌を傷つける心配がないうえに、目尻や小鼻など、コットンでは届きにくい細かなところまで満遍なくケアすることができます。

正しい化粧水のつけかた

1手のひらに適量の化粧水をとる

1回の使用量は商品によって異なるので、説明書を参考にしてください。ただし、化粧水は大半が蒸発するので、あまりたっぷりつける必要はありません。

2顔全体になじませる

まずは両手で顔をやさしく包み込むようにして、顔全体になじませます。最後に、乾燥しやすい目元や口元、フェイスラインに手のひらを使って軽く押さえてなじませます。

1-point Advice

コットンを使う場合は、コットンの裏側までしっかり湿るくらいの化粧水を含ませ、顔のうちから外へとやさしくすべらせるようになじませていきます。肌を強くこすりすぎないようにしましょう。