閉じる
理想の肌をつくるエイジングケアの基本 Beauty AtoZ 公開中! 理想の肌をつくるエイジングケアの基本 Beauty AtoZ 公開中! 理想の肌をつくるエイジングケアの基本 Beauty AtoZ 公開中! 理想の肌をつくるエイジングケアの基本 Beauty AtoZ 公開中!
Beauty AtoZ ueda clinic

クレンジング

クレンジングの意味と基本

クレンジングとは、⽔や洗顔料では落ちにくい油性のメイクアップ料を落とし、肌を素の状態に戻すことです。メイクや汚れ、⾓質などが肌表⾯に蓄積すると、⽑⽳が詰まり、⾊素沈着や⿊ずみなどの肌トラブルの原因になります。“⼀晩メイクを落とさず寝ると、肌が10⽇分⽼ける”ともいわれているほどクレンジングは⼤切。

では、そのクレンジングはどのような成分でつくられているのでしょう。正解は、乾いて固くなった肌をほぐしてくれたり油性の汚れを溶かす“油分”、そして、⽔と油分を馴染ませる“界⾯活性剤”、プラスアルファです。そしてそれらの配合が変わると、オイルやバームタイプ、クリーム、ミルク…など、様々な種類に分かれる仕組みになっています。

クレンジングの注意点

実は、スキンケアの中でもっともダメージを受けやすいのがクレンジングです。=肌トラブルのリスクもそれだけ⾼いということがいえます。特に近年は、メイクが多様化するだけでなく、ウォータープルーフタイプのマスカラやアイライナーなど落ちにくさを売りにした商品が増え、頑固なメイクをすばやくオフする洗浄⼒の強いクレンジング料も登場。⼀歩使い⽅を間違えてしまうと、肌の⽪脂を過剰に洗い流してしまうなど肌の負担になる危険性がひそんでいます。肌に負担になるケアだからこそ、正しい知識が必要なのです。

どんなクレンジング料を
選べばいい?

クレンジング料は種類によって洗浄⼒が異なるので、その⽇のメイクの濃さに合ったものを選ぶのがポイントです。⼀般的な形状の中でメイクオフ⼒がもっとも強いのがオイルタイプ。その後、クリーム、ジェル、ミルクの順で洗浄⼒が穏やかになります。ベースメイクが濃い場合、洗浄⼒が強いものを選ばなければ必要以上にこすってしまい摩擦で肌を傷つけてしまいかねません。ポイントメイクのみ濃いという場合は、“ポイントメイク落とし”を使うといいでしょう。デイリーに使うなら、メイクや肌の汚れをしっかりと落としながらも、洗い上がりがしっとりとするクリームタイプがおすすめ。シートタイプのクレンジング料は、油分を含まず界⾯活性剤の洗浄⼒のみでメイクを落とします。肌への刺激が強いので使うのは避けましょう。

正しいクレンジング⽅法

1Tゾーンになじませる

⼿を洗って清潔にしてから、適量のクレンジング料を⼿にとり、⽪脂が多いTゾーンから指の腹を使ってなじませます。

2Uゾーンになじませる

1と同じように、頬から顎にかけてのUゾーンにもなじませます。

3⽬元、⼝元になじませる

顔の中で⼀番⽪膚が薄くてデリケートな⽬元、⼝元にもなじませます。

4ぬるま湯ですばやくすすぐ

⼈肌程度のぬるま湯でなるべく顔に触れないように注意しながらすすぎます。クレンジングは肌に負担をかけるため、1分くらいで終わらせましょう。

1-point Advice

ポイントメイク落としの代わりに、薬局などで購⼊できるスキンケア⽤の精製オリーブオイルを使うのもおすすめですよ。オリーブオイルをふくませたコットンをポイントメイクにのせ、30秒〜1分ほどなじませてから拭き取ります。顔全体をクレンジングする前に⾏いましょう。