閉じる
理想の肌をつくるエイジングケアの基本 Beauty AtoZ 公開中! 理想の肌をつくるエイジングケアの基本 Beauty AtoZ 公開中! 理想の肌をつくるエイジングケアの基本 Beauty AtoZ 公開中! 理想の肌をつくるエイジングケアの基本 Beauty AtoZ 公開中!
Beauty AtoZ ueda clinic

乳液・クリーム

乳液とクリームの違い

乳液とクリームは、含まれる水分や油分の量に違いがあります。一般的に、水分が多いものが乳液、油分が多いものがクリームといわれています。基本的には使う目的や役割は似ているのですが、油分補給のために使うのであれば、乳液では少し力不足に感じるかもしれません。ただし、中には保湿成分を含んだ乳液もあり、美容液の代わりとして使うこともできます。

そもそも乳液やクリームは必要?

デイリーケアは化粧水と美容液の組み合わせが基本。30代までは肌から分泌される脂分が多いので、クリームや乳液を使う必要はないでしょう。ただ、皮脂腺が少ない目元や口元など、乾燥しがちな部分には年齢を問わずクリームを使います。さらに40代からは水分も油分も低下するので、セラミド配合の美容液+目元や口元には乳液やクリームを重ねるといいでしょう。

乳液とクリーム、
どちらを選べばいい?

肌状態や好みに応じて、どちらかひとつを使えば大丈夫です。基本的にはクリームの方が油分が多いので、保湿力は高いといえます。もちろんそれ以外に保湿成分も入っているので、2品使えばうるおいの持続力は強化されます。乾燥が激しい場合は重ねづけするといいでしょう。

乳液の正しいつけ方

1手のひらに適量とり、頬へ広げる

適量の乳液を両手のひらにのばし、頬から広げてなじませます。

2細かい部分にもなじませる

目元や口元などにも丁寧にのばします。ただし、テカりやすい人は、額や小鼻などのTゾーンは控えめにしておきましょう。

クリームの正しいつけ方

1目元や口元にピンポイントで塗る

適量のクリームを薬指にとり、目元や口元など、乾燥している部分にやさしくなじませます。

2薬指でトントンとなじませる

なじませた場所を、薬指でトントンとやさしくたたくようにして、さらになじませます。

1-point Advice

クリームは、基本的には乾燥している部分にピンポイントに使うもの。普段から自分の肌を観察する習慣をつけておくと、どこに塗ればいいかがわかるようになりますよ。